top of page
IMG_20210122_173220.jpg

お気に入りのお茶を買う

種類: 緑茶

産地: 日本、鹿児島県、屋久島

栽培品種:ゆたかみどり

内容量:30g・8g

収穫:春(三月)

その他:有機栽培

 

ロケーション:

屋久島は鹿児島県の亜熱帯の島で、九州半島の南約60kmに位置しています。 人口約13,000人の屋久島は、小さな楽園です。 日本最古の屋久杉が生い茂る広大な森林に覆われています。 屋久杉は樹齢1000年以上の杉で、最も古いもので7000年以上と推定されています。 屋久島の森は、宮崎駿の名作アニメ「もののけ姫」の世界観にもインスピレーションを与えました。

 

2,000 メートル (6,500 フィート) 近くの高い山々が連なる屋久島は、年間を通じて雨が多く、特に山岳地帯では微気候ですが、降水量は少なく短いこともあります。 距離は離れていませんが、北部と南部では気候が異なります。 昼夜の気温差も大きく、お茶の栽培に適した条件とされています。 こういった気候と南方に位置することにより、屋久島のお茶は3月の早い収穫という恩恵を受け、毎年最初の新茶になります。

 

鹿児島地方でのお茶の栽培が足利時代(1336~1573)に始まったと言われている中、茶が最初に屋久島に到着した時期は不明です. 島民の話を聞くと、戦国時代に島津藩の落人が屋久島に逃げ延び、お茶が持ち込まれたという話があります。 私は、村人たちが個人的な飲用のために少量の釜炒りを生産していた、種子から育てられた古くからある個人所有の秘密の茶園を訪れることができました。 彼らによると、少なくとも3世代はそこにあったということです。 しかし、鹿児島県産の品種を使った新しい商業農園が紹介されたのは 1980年以降です。

 

曼荼羅茶は、強風から守られ、澄んだ空気に満ちた森林の開けた地にある完全にオーガニックな農園からお茶を選びました。

 

生産される主なお茶は、バラエティに富んだ7種類の品種から作られた煎茶です。 しかし、最近は和紅茶も人気で伸びています。 島は本土から離れているため、空気や土壌が農薬や化学物質に汚染されておらず、自然栽培が容易になっています。

 

説明:

この屋久島有機煎茶は、屋久島の東にある美しい茶園から来ています。 曼荼羅茶は、この環境の中で美しい成長を見せる鹿児島の特徴的なゆたかみどりという品種を選びました。

ゆたかみどりは確かに九州南部の温暖な気候に適しており、寒冷地では生き残れません。 濃い緑色をしており、重厚な味わいが高く評価されています。

 

フルボディで、ハーブの香りが際立っており、軽い酸味があります。 次の淹れ方も力強く、渋みを抑えるために短時間で淹れるのがおすすめです。

 

 

準備(一人当たり):

茶葉 4g

70°C のお湯 80ml

一煎目:60秒

二煎目以降:10秒

 

水出し(コールドブリュー):1Lの冷水に対して10gの葉。 冷蔵庫(5°C)で12~15時間抽出します。別のボトルで濾過し、冷蔵庫に保管します。二度目もお好みでいれることができます。

鹿児島屋久島煎茶

¥900価格