top of page
IMG_20210122_173220.jpg

お気に入りのお茶を買う

種類:緑茶

産地:日本、滋賀県、東近江、政所町

栽培品種:在来

内容量:30g

収穫:春(四月)

その他:自然農法

 

ロケーション:

政所は滋賀県の東側、京都の東、三重の西に位置しています。お茶の生産量はあまり知られていませんが(滋賀県の主なお茶は朝宮と土山で、県の総生産量の3%に過ぎません)、おそらく日本で最も伝統的で古くからのお茶の1つです。 おそらく600年以上の歴史があります。日本のいくつかの場所では、お茶の栽培は日本への禅仏教の到来と関連していました。政所もそのような場所です。東近江で室町時代(1361年)に設立された永源寺は、政所のお茶栽培の原点です。記録によると、永源寺の五世管長、越渓秀格禅師(えっけいしゅうかくぜんじ)が、地質、温度差、川から昇る霧のため、この地域はお茶の栽培に適していることを見つけました。有名な茶摘み唄で「宇治は茶所、茶は政所」と知られていました。ですが近年、多くの政所での茶栽培が相次ぐ難しさから断念され、生産量はピーク時の30分の1にまで落ち込んでいます。織田信長に政所茶が出されたという記録もあります。

 

説明:

煎茶用の茶葉は年1回5月のみに収穫されます。

 

政所で生産される玉露はほとんどありません。木々の日避けは、現代のポリマーシート(黒または銀色)ではなく、昔のように藁を使用して作られていることは注目されるべき点です。これは現代的な方法よりも手間がかかり、藁はポリマーメッシュ材料よりも壊れやすいですが、政所の農家は環境に優しい天然材料を使用することを大切にしています。

天然の藁による日陰のレベルは現代的な素材より不透明ではなく、結果は非常に興味深いものです。やわらかさとやさしさでアミノ酸の特徴がはっきりとわかりますが、玉露特有のうま味と甘みは、この昔ながらのお茶とは異なります。このように、独特の特徴を持っています:新鮮で、柔らかく、深く、ナッツのようで、穏やかな渋味があります:私たちはこの素晴らしさをすべてのお茶を愛される方々と共有することを嬉しく思います。

昔の玉露本来の味が政所には残っています。私たちは、これらの伝統的な製品の存続のために日々働いている農家を支援できることを誇りに思います。

 

準備(一人当たり):

茶葉:4g

50-60°C のお湯 80ml

一煎目:90-120

秒二煎目以降:15秒以上

 

水出し(コールドブリュー):1Lの冷水に対して10gの葉。 冷蔵庫(5°C)で12~15時間抽出します。別のボトルで濾過し、冷蔵庫に保管します。二度目もお好みでいれることができます。

滋賀政所古風な玉露

¥1,500価格