top of page
IMG_20210122_173220.jpg

お気に入りのお茶を買う

種類: 緑茶

産地: 日本、京都府、南山城村、童仙房。

栽培品種:おくみどり

内容量:30g

収穫:春(五月)

 

ロケーション:

童仙房は、明治初期(1868-1912)に茶畑が拡張された標高約500mの京都南部の山岳地帯です。

宇治や京都に比べると寒さが厳しいです。

幕府の崩壊後、刀を手放さなければならなかった侍たちの作り上げた新しい集落です。そのため、童仙房のお茶の生産者の中には、ご先祖の努力の賜物を引き継いだ武家のご子孫もいます。

 

宇治地方のほとんどのお茶と同様に、実際に宇治産のお茶はごくわずかです。和束、童仙房、宇治田原の周辺地域で採れたものが宇治茶の大半です。そのため、童仙房は一般的に宇治茶として知られていましたが、同じ京都府でも日本茶に存在する区別と多様性を反映するために、私たちは実際の場所の名前を意図的に使用しています。

 

説明:

宇治市の煎茶とは異なり、童仙房の煎茶は日陰では育てられていません。それは人工的な日陰を必要としないということです。山の形と寒い気候が、透明感のある煎茶を作るための非常に興味深い環境を形成しています。

 

この煎茶はおくみどり品種から作られています。ミディアムボディ、自然な甘さ、すっきりとした口当たりで、曼荼羅茶で最も人気のある銘柄の1つです。

 

準備(一人当たり):

茶葉 4g

70°C のお湯 80ml

一煎目:60秒

二煎目以降:10-15秒

 

水出し(コールドブリュー):1Lの冷水に対して10gの葉。 冷蔵庫(5°C)で12~15時間抽出します。別のボトルで濾過し、冷蔵庫に保管します。二度目もお好みでいれることができます。

京都童仙房煎茶

¥1,000価格